George Na’opeが歌うKaimana Hilaと歌詞の和訳

Uncle George Na`ope at Malama Punalu`u “Kaimana Hila

ジョージ・ナオペのカイマナ・ヒラと日本語訳

前回はNathan Aweauの”カイマナ・ヒラ”をご紹介しましたが、こちらはハワイの人間国宝でもあるGeorge Na`ope(ジョージ・ナオペ)のライブ映像です。

アルバム「Among My Hawaiian Souvenirs」に収録されていますが、残念ながら廃盤でamazonやiTunesにもありませんね……。

「George Naope SPIRITS OF HULA」

このDVDがamazon経由で結構売れています。
フラを習っている方、興味のある人に関心が高いDVDVなのでしょうか。
【Amazonの解説】
フラの神様ジョージ・ナオペが選曲した歌をダンサーによるフラとともに完全DVD化。ハ
ワイ島で生まれた曲のルーツをナオペ自らが語るフラの世界。
ハワイの人間国宝ジョージナオペが自ら選曲した12曲をハワイ島の風景をバックにダンサーの踊りとともに収録した貴重な映像集。
12曲の歌が誕生した背景を、その土地でジョージ・ナオペ自身が語ります。
ヒロ、コナ、キラウエア火山、などハワイ島の名所各地で繰り広げられるフラの演奏とジョージ・ナオペのインタビューとヒストリー。
クムフラと呼ばれるフラダンスの先生たちの優美な踊りとナオペの演奏がハワイの伝統文化を伝える貴重なDVDです。

ちなみにカイマナヒラとは、WaikikiにあるDiamond Head(ダイアモンドヘッド)のこと。

ハワイ語の歌詞はHuapalaより。
作詞、作曲は Charles E. Kingです。

TropicalStormHawaii(※リンク切れ)にコードが載っています。
趣味悠々「たのしいウクレレ」でやっていた”Kaimana Hila”とは、コードが違います。

よく見ると、歌詞もHuapalaとTropicalStormHawaiiとでは違うのが分かります。
「ハワイアン音楽快読本」では、現在のカイマナヒラとオリジナルは歌詞の他に、曲も違うと解説されています。
そういわれてから上のライブ動画を見るとGeorge Na’opeのボーカルと、(バック)コーラスのメロディが微妙に違うような気がするのは気のせい?
Nathan Aweauのライブバージョンと聴き比べると、やっぱり違うような。


“Kaimana Hila” Lyrics

Iwaho mâkou i Ka`alawai lâ
`Ike i ka nani Kaimana Hila lâ
Kau mai i luna
Ka`alawaiの海岸へ出かけて
美しいダイアモンドヘッドを眺めれば
壮大で威厳のある光景

Iwaho mâkou Kapi`olani Paka lâ
`I ka lina poepoe ho`oluhi kino
Aloha `ino
Kapi`olani公園へ行けば
遊び疲れて
くたくたです

Iwaho mâkou Waikîkî lâ
`Ike i ka nani hale ho`onui `ike lâ
Ho`onui hana
みんなでワイキキに行って
知の象徴ともいうべき
苦労して建てられた建物を見よう

Iwaho mâkou Maki `Ailana lâ
Ku`u pua lilia lana i ka wai lâ
Lana mâlie
みんなでマキーアイランドへ行こう
水に浮かんだ美しいスイレンが
甘く、のどかです

Iwaho mâkou i ka Seaside lâ
`Ike i ka nani papa he`e nalu lâ
He`e mâlie
海辺のホテルに行こう
上手なサーファー達の波乗りが見られる
凄いスピードで波を乗りこなす

Iwaho mâkou `Âinahau lâ
`Ike i ka nani papa hinuhinu lâ
Hele mâlie
みんなでAinahauに行こう
美しく輝くサーフボードが
軽やかに波を滑る

Ha`ina `ia mai ana ka puana lâ
`Ike i ka nani Kaimana Hila lâ
Kau mai i luna
物語は伝えられていきます
雄大なダイアモンドヘッドを讃えよう
荘厳なカイマナヒラ

「Honolulu:The 50 Greatest Hawai’i Albums of All Time」

こちらのハワイアンコンピレーションアルバムに収録されている”Kaimana Hila”はHawaiian Style Bandが歌っています。
ちょっとJawaiianとでもいうのかPOPな感じがよいですね。

オリジナルアルバムは「Vanishing Treasures」になります。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

11件のコメント

  1. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  2. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  3. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  4. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  5. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  6. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  7. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください