Ka Nohona Pili Kaiの歌詞を和訳する

Merrie Monarch 2005 – Wahine ‘Auana
Hula Halau O Kamuela “Ka Nohona Pili Kai

涙そうそうと、カ・ノホナ・ピリ・カイ

Keali’i Reichelの中でも有名な”Ka Nohona Pili Kai”です。
この曲でケアリィ・レイシェルを知った方も多いと思います。
ご存じの通り、BEGINの”涙そうそう”からインスピレーションを受けてつくられました。

曲名の”Ka Nohona Pili Kai”は「海辺の家」という意味です。
nohonaは住居、住まい。
piliは、(ピッタリと)はりつく、隣接する、の他に、参照するなど様々な意味があります。
kaiは海。

アルバム「Ke’Alaokamaile」に収録されています。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

ハワイ語の歌詞はHuapalaから。
クレジットに、Words by Keali`i Reichel & Puakea Nogelmeier, Music – Begin
作曲ビギンとありますね。

“Ka Nohona Pili Kai” Lyrics

波しぶきは、海の息吹
Ti leafがサラサラと音を立てている★1
香りが囁きのように満ちていく
まるで私に呼びかけているよう

本当に愛おしい
愛おしい思い出ばかり
本当に美しい
海辺の家は美しさの象徴

夜の暗闇で、心は彷徨います
魂を呼び覚ます、海の声を聴いて
大切なことを思い返し
心に平穏が訪れる

ココナツ畑は家族のよう
アサガオみたいに私を抱きしめる★2
去りゆく思い出は美しい
ずっと大切に残しておきたい

海のしぶきが、教えてくれます
その香りが満ちる真夜中
道のりを私たちは歩いていく
いつも私たちを導いてくれる

【訳注】

★1.kiはTi(ティ)。ti leaf(ティーリーフ)のレイやスカートなどはフラでも見かけます。
★2.pō.hue.hueは、海辺のアサガオ。

Keali’i Reichel “Ka Nohona Pili Kai”

以前にMakanaのPu’u anahuluプウアナフルとBEGINの一五一会でご紹介したテレビ番組がありましたが、あの企画の見所が下のシーンでではないでしょうか。

Keali’i ReichelがBEGINを前に、”Ka Nohona Pili Kai”を歌っています。
ケアリイの優しい歌声と、ハワイの自然、そしてフラがよく似合います。

5件のコメント

  1. ウクレレ練習、市の意味がわからなければ心がはいらない。

    このウエブで多くの曲の和訳があり大助かりでした。
    感謝します。  マハロ アロハ

  2. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music
  3. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください