Israel Kamakawiwo’oleのTengoku Kara Kaminariと歌詞の和訳

天国から雷

天国から雷(Thunder From Heaven)の日本語訳

以前にご紹介した、イズラエル・カマカヴィヴォオレの”Tengoku Kara Kaminari”ですが、フレーズが有名なわりに、和訳を探したのですが、なかなか見つかりませんでした。
英語の詩がほとんどなので、何となく意味は分かりますが、一応日本語に訳してみます。

“Tengoku Kara Kaminari”は、アルバム「E Ala E」に収録されています。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

歌詞は、SongMeaningsから。
作詞はIsrael Kamakawiwo’ole本人なんですね。

Israel Kamakawiwo’ole “Tengoku Kara Kaminari”

http://www.youtube.com/watch?v=CzFqnThHQa8

[スポンサー広告]

“Tengoku Kara Kaminari”(Thunder From Heaven) Lyrics

田舎(ハワイ)からやってきた、気は優しくて力持ち
ワイマナロ, ナナクリ、ワイアナエ★1
彼らは日本のチャンピオン
国民的ヒーロ、みんなのアイドル

(Chorus)
アケボノ、ムサシマル、コニシキ
曙、武蔵丸、小錦

1000マイル彼方へと旅立ちました
家族と離ればなれ、寂しいけれど
孤独に負けず、困難な夢に挑戦する
威厳のある、ハワイが生んだ相撲取り

(Repeat Chorus)

彼らは、世界に名を轟かせました
ラジオやテレビや雑誌にも登場
お祝いしよう、偉大なるハワイアンの名誉を
チャンピオンの名誉は、ハワイの老人から子供達まで

(Repeat Chorus)

(Repeat)
偉大なチャンピオン、ハワイが生んだ相撲取り
アケボノ、ムサシマル、コニシキ

国民的英雄、みんなのアイドル
曙、武蔵丸、小錦
(Repeat Chorus)

アケボノ、ムサシマル、コニシキ

訳注と感想

★1.オアフ島の地名になぞらえて、曙、武蔵丸、小錦を指しているのでしょうか?
ちなみにNanakuli(ナナクリ)は、Konishikiのアルバムタイトルにもなっています。

ナナクリ / KONISHIKI / CD ( Music )

ビクターエンタテインメント( 2003-07-02 )

定価:¥ 2,880 ( 中古価格 ¥ 645 より )



このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

ハワイ出身の相撲取りである、曙、武蔵丸、小錦の偉業を称えた歌です。
それにしても、”天国から雷”というタイトルはどこからきているのでしょうか?

曙は引退後の、格闘界転身でちょっとアレでしたが、今はハッスルで頑張ってますね。
武蔵丸は以前にご結婚のニュースがありました。
Konishikiについては、アルバムなど何度もアロハユーでご紹介していますね。

[スポンサー広告]

コメント

  1. ハワイ人力士を称えるIZイズラエルの”Tengoku Kara Kaminari”

    Israel Kamakawiwo’ole(IZ)
    “Tengoku Kara Kaminari(Thunder From Heaven)”

    IZのハワイアン相撲取りに捧げる曲
    以前にIsrael Kamakawiwo’ole(イズラエル・カマカヴィヴォオレ)の”Over the Rainbow…

  2. Bruddah IzのMaui Hawiian Sup’pa Manと歌詞

    Israel Kamakawiwo’ole “Maui Hawiian Sup’pa Man”

    IZのマウイ・ハワイアン・スッパ・マン
    イズラエル・カマカヴィヴォオレの”Maui Hawiian Sup’pa Man”です。
    アルバム「Facing Fu…

  3. B_A10 より:

    曙、ワイマナロ
    武蔵丸、ナナクリ
    小錦、ワイアナエ
    のご出身の様ですね。

    • taka より:

      B_A10さん、教えて頂いてありがとうございます。

      なるほど、それぞれの出身地だったんですね。

      また、気づいた事などあれば、色々教えて頂けると助かります。

      alohayou.com
      管理人 Taka

  4. […] っていうサビの部分が耳に残ってはなれません。歌詞はこちら […]