Herb Ohta Jr.のHonolulu City Lightsと歌詞の和訳

Herb Ohta, Jr. “Honolulu City Lights

ハーブ・オータ・ジュニアのホノルル・シティ・ライツと日本語訳

Ukulele(ウクレレ)で聴く”Honolulu City Lights”です

歌詞を検索するとThe Carpentersというのが多数ヒットします。
これは、あのカーペンターズなのか、と探したところ、「シングル・コレクション・ボックス」に収録されていますね。しかし定価3万円ですか……。
プレミアなのか、Amazonの新品はちょっと値段が高いですね。
収録曲はコチラで確認を。

シングル・コレクション・ボックス / カーペンターズ / CD ( Music )

ユニバーサル インターナショナル( 2006-12-13 )

定価:¥ 30,857 ( 中古価格 ¥ 35,000 より )


作詞・作曲はKeola Beamerなので、Keola & Kapono Beamerのアルバムが、オリジナルという事になるんでしょうか。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

歌詞を探していたら、上手い具合に”Honolulu City Lights“のコードを見つけました。ギター用ですがTabs(タブ譜)もあります。
コードも難しくありませんし、ウクレレでも弾けそうですね。

[スポンサー広告]

Honolulu City Lightsの和訳

“Honolulu City Lights” Lyrics

街の明かりと、海上に瞬く星を見上げる
夜間飛行のチケットを手にしたけど、離れたくないと思う
服をバッグに仕舞い、出発の時を考えないようにする
夜の街を眺めると、やっぱり、去りがたいと思う

(Chorus)
ホノルルの街明かりは、思い出を呼び覚ます
夜毎、ホノルルの街明かりが、私を呼び戻す
ハワイの夕焼け、それは夢の島

靴を履いて、タバコに火をつけて
私の友人はここにいますか?
レイで飾られた私の首

(Chorus)
ホノルルの街明かりは、思い出を呼び覚ます
夜毎、ホノルルの街明かりが、私を呼び戻す
もう一度、私を連れて行って

【翻訳後の感想】

訳しながら、“Molokai Sweet Home”を思い出しました。
あの曲は、モロカイ島の美しさに魅せられて、離れたくない気持ちと、(モロカイ島に)会えない郷愁の気持ちを歌っていました。

“Honolulu City Lights”は、ハワイを発つホノルル空港で流れていたら、ピッタリかもしれませんね。

Nathan AweauのHonolulu City Lights

ちなみにHAPAのボーカル、ネイサン・アウェアウもこの曲をアルバム「The Hawaii Classic Series, Vol. 1 Vintage」で歌っています。

ハワイ・クラシック・シリーズ Vol.1~ヴィンテージ / ネイサン・アウェアウ / CD ( Music )

ビクターエンタテインメント( 2006-06-21 )

定価:¥ 2,268 ( 中古価格 ¥ 3,800 より )



このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

[スポンサー広告]

コメント

  1. KONISHIKI通算10枚目「KONY ISLAND」をリリース

    KONISHIKIの最新アルバム「コニー・アイランド」
    コニシキのニューアルバムがリリースされます。
    以前に和訳している、”Margarita“、”Honolulu City Lights“、”Ku’u Home O Kahalu…

  2. Kapono BeamerとCarpentersのHonolulu City Lights

    Kapono Beamer “Honolulu City Lights”

    ケオラ・ビーマーのホノルル・シティ・ライツ
    以前にHerb Ohta, Jr.の“Honolulu City Lights”をご紹介しましたが、こちらはオリジナルであるKapono Beamerによ…