ウクレレデビュー、初心者に最適なUkuleleを物色中

Ukulele

ウクレレを始める予定

友人がUkulele(ウクレレ)を始めたので、私ものっかろうと計画中。

さて、どのウクレレを相棒にしようかと探していたら、オジナルウクレレ製作キットなんてのもあるんですね。
一点物、オリジナルという言葉に弱いので、かなり気になりますが、手先が不器用なので、板の合わせがずれて音がスカスカになる予感たっぷりです。

オリジナルウクレレ製作キットNO5

オリジナルウクレレ製作キットNO5

定価:¥ 8,400

Amazon価格:¥ 9,720

カテゴリ:



ここは、無難に初心者向けセットを買っておいた方がよさげです。

友人は横浜ビブレに入っている島村楽器で購入したそうです。
島村楽器からでているオリジナルブランドだそうで、3万くらいだったとか。
購入した当時は、ウクレレコーナーが充実していたそうですが、私が先日行った時は、通常のディスプレイに戻されたようで、今イチ決めきれませんでした。

もともと、重さや弦の高さなどをチェックしたら、ネットで安いのを探そうと思っていたので、とりあえずそのまま隣のダイエーに入っている石橋楽器店へ行ってみました。

品揃え的には、島村楽器が多いようでしたが、石橋楽器には手塚治虫シリーズのブラックジャックバージョンを置いてありました。
石橋楽器のWeb SHOPからは、中古品なども検索でき、ウクレレで検索すればいくつか出てきます。
今見たら無くなってたけど、ちょっと前までOvation(オベーション)のウクレレがありました。

USED品のオフィスチェアと違って、中古の楽器というのはどうなんでしょうかね?

[スポンサー広告]

ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE Presents ウクレレ・マガジン Vol.1(CD付き)

出版社:リットーミュージック( 2007-06-15 )

定価:¥ 1,620

ムック ( 139 ページ )

ISBN-10 : 4845614405

ISBN-13 : 9784845614400


Martin(マーチン)のウクレレが気になる

以前、Taimane Gardnerが出演するヨコハマ・ハワイ・フェスティバルのエントリで、有名アーティストの使用ウクレレメーカーを知ったのですが、ハーブ・オータとIZイズラエルが使っているMarin(マーチン)は、憧れるけれど、石橋楽器のネットショップだと売り切れですね。
同じマーチンのSO-Ukeのモデルが楽天の石橋楽器にありました。

Martin S-O Ukeのウクレレについては、schuntama Ukuleleさんが詳しく紹介されてます。
マーチンのウクレレっていうと、安くても10万円以上しそうなイメージでしたが、廉価版もでているのでしょうか?
廉価版といっても、私の予算ではちょっと厳しいですね。
ちなみにMartin 5K-Uke ウクレレが楽天にありました。一度でいいから弾いてみたい。

Martinといえば、確かEric Clapton(エリック・クラプトン)もマーチンのアコースティックギターを使っていた気がします。
実力もないのに、そういった形から入ってしまう、悲しい性分です。
確か、カメラが欲しい時も同じこと言ってた気がする、反省。

Jake Shimabukuro LIVE “Crazy G”

http://jp.youtube.com/watch?v=wEqzV3ysPEg
ジェイク・シマブクロによる”Crazy G”、カッコよすぎ。
“Crazy G”のタブ譜はCOBA.st(※リンク切れ)で確認できます。

[スポンサー広告]

コメント

  1. Jake ShimabukuroのCrazy Gとウクレレのタブ譜

    Jake Shimabukuro “Crazy G”

    ジェイクシマブクロのクレイジー・G
    以前に、ジェイク・シマブクロの”Crazy G”ライブバージョンをご紹介しましたが、こちらは、スタジオ収録の…