ハワイ語を話せる人は減っている?便利なHawaii辞書サービスを紹介

ハワイ語辞書

無くなりつつある世界の言語

世界から失われそうな言語がわかる地図(Gigazine)

ハワイ語を話せる人間も減ってきているそうなので、どんな感じなのかをチェックしてみました。

失われつつあるレベルが4段階で表示されています。
しかし、ハワイ州は表示されていませんね。アメリカ合衆国の一部という事で、英語圏扱いになり、外されているのでしょうか?
もしくは、それほど危機的な状況ではないということでしょうか?
フィリピン(タガログ語)で、LOWの表示なら、ハワイ語も何かしらの表示がされていそうですが、何故なんでしょうね?

[スポンサー広告]

ハワイ語-日本語辞典

著者/訳者:Mary Kawena Pukui

出版社:千倉書房( 1990-05 )

定価:

Amazon価格:¥ 5,184

単行本 ( 236 ページ )

ISBN-10 : 4805106158

ISBN-13 : 9784805106150



英語を翻訳したり、勉強できるWebサービスは多数出ていますが、マイノリティであるハワイ語に関するサービスは少ない状況です。

ハワイ語-日本語辞典は、そのままですが、ハワイ語から日本語へ訳せる辞典です。
私も欲しいのですが、ちょいとお値段が……ですね。

無料のハワイ語辞書サービス

私がよく利用するハワイ語の辞書サイトは「Hawaiian Dictionaries」、もちろん無料サービスです。
似たようなサービスがいくつかありますが、このサイトは登録されている語彙が多い方ではないでしょうか?

もちろん、ハワイ語から日本語変換はできないので、訳された英語を日本語に変換する必要があります。
英語辞書は好みもあると思いますが、私は「英辞郎」が使いやすく気に入っています。

時間はかかりますが、お気に入りのハワイアンソングを、コツコツと単語を調べて訳していくと、大好きな曲に対する思い入れも強くなるのではないでしょうか。
歌詞カードがあって、日本語訳がついていれば楽なんですけど、コンピレーションアルバムだったり、輸入盤だと、歌詞カードが不親切だったりしますしね。

ちなみに、ハワイ語は、アルファベット12文字からなる言語で、英語よりも使用する文字が少ないので、ローマ字などの名前などを置き換えた場合、変換されるアルファベットがあります。
以前、ハワイアンジュエリーをつくりに行った際、名前を彫る時に、店員さんに教わった記憶があります。
私の場合、TAKAですが、ハワイ語ではTをKと発音するそうです。
なので、私の場合はKAKAとなります。

というわけで、前回のエントリ同様、サッカーネタですが、ブラジル代表KAKA(カカ)のスーパープレイ動画をYouTubeから。

KAKA The Unstoppable Footballplayer
http://jp.youtube.com/watch?v=DNJQwHN9lyw

[スポンサー広告]

コメント

  1. 日本語とハワイ語を結ぶ辞書サービスをつくる その1

    日本語-ハワイ語の辞書サービス
    TOPページに、ハワイ語辞書の制作に向けた告知を出してから、いくつかアドバイスやご提案などを頂きました。
    貴重なご意見、ありがとうございました…

  2. 自分の名前をハワイ語表記に変換できるサービスをご紹介

    ハワイ語に表記できる変換フォーム
    以前に、便利なHawaii辞書サービスを紹介するエントリで私の名前である「TAKA」が、ハワイ語表記では「KAKA」になるとお伝えしました。
    これはハワイ…