Barry Flanaganのスラックキーギターで聴くPahinui Aloha

広告




HAPA “Pahinui Aloha

https://jp.youtube.com/watch?v=VG6MJ4RJiOY

バリー・フラナガンパヒヌイ・アロハ

久しぶりにHAPA関連のエントリです。
初めてHAPAの生ライブを見たのが、昨年9月のモーションブルーヨコハマでした。
気がつけばあれから1年が過ぎました、本当にあっという間です。

さて、上の動画ではHAPAのBarry Flanagan(バリー・フラナガン)による”Pahinui Aloha”です。
おそらく向かって左側にNathan Aweau(ネイサン・アウェアウ)がいるのだと思いますが、カメラは固定でBarry Flanaganを映しています。

以前にご紹介したClub IKSPIARIライブ動画のオープニングでも”Pahinui Aloha”を演奏していましたが、また違った雰囲気のSlack Key Guitar(スラックキーギター)が印象的です。

アルバム「In the Name of Love」に収録。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

「In the Name of Love」 収録曲

  1. E Hele Ana E
  2. Pahinui Aloha [Instrumental]
  3. Nani Wale O Ka’iulani
  4. Lelehuna
  5. Europa [Instrumental]
  6. Manoa, in the Rain
  7. Mele  Pku’ I/Ho’okumu [Instrumental]
  8. Pride (In the Name of Love)
  9. Khea V’ilani
  10. Waikki (At About 3 …) [Instrumental]
  11. Waikiki Beachboy Song
  12. Sleepwalk [Instrumental]

“パヒヌイ アロハ”は2曲目に収録されています。
曲名のPahinuiは、Gabby Pahinuiの名前からきているのでしょうか?
ちなみにアルバムを見るとBassには、Gabby Pahinuiの息子であるMatin Pahinui(マーチン・パヒヌイ)がクレジットされていました。

6曲目には以前に取り上げた“Manoa in the Rain”も入っています。
12曲目の”Sleepwalk”もスラッキーギターによるインストですが、こちらはスタンダードな曲なのでしょうか?
色々な人が弾いているのを耳にします。