トイカメラと映像制作時代のフィルムカメラの思い出

トイカメラと代用のエフェクトソフト

トイカメラ『Eximus Wide&Slim』で試し撮り(※リンク切れ)というのを見て初めて知りましたが、現像の段階でCDに焼いてもらえるサービスがあるんですね。
最近、フィルムカメラを現像に出す機会がないので、知りませんでした。
これならスキャナーで取り込む手間もなく楽ちんです。
ポパイカメラでは、プリントと一緒に頼めば安くなるようですね。

こういうレビューをみると、俄然トイカメラが欲しくなってきます。
京都の実家で記憶にあったトイカメラ(おそらくホルガ)が見つからなければ、購入するつもりだけど、なかなか京都に行くついでがない。
わざわざカメラの為に帰って、実家になかったらダメージが大きい。そもそもその為だけに帰るなんて、交通費の方が高くつく……。

トイカメラの代用というわけではないですが、以前に取り上げたトイカメラ風ジェネレーターは、頻繁に使ってます。

最近、友人のお祝い事などで、メッセージカードや簡単なWebサイトをつくったりする機会が多いのですが、きちんとした写真素材が用意できれば、超したことはないのですが、要加工というような素材でもトイカメラ風のエフェクトだけで、オシャレ度が上がるので重宝しています。


こちらの「カメラプラス トイカメラ風味の写真が簡単に」では、現在お持ちのカメラ(銀塩・デジカメ・携帯カメラ問わず)をちょっとした工夫で、楽しい写真を撮るコツが紹介されています。
Amazonの、虫眼鏡、コップ、ドアスコープ(ドアに付ける覗き穴のレンズ)、セロハン、お菓子箱、マニキュア、塩ビなどを使って不思議でかわいいトイカメラ風写真を撮る方法、という紹介がそそられます。

こういうのを見ると、道具に凝るよりも先に、腕を磨かねばという気もするんですよね。

【追記】
たった105円で普通のデジカメをトイデジカメにする改造術×5!ではカラーセロハンを使った方法を解説しています。

制作会社時代の思い出

昔、映像制作に携わっていた当時は、まだフィルムカメラが中心でした。

私がいた会社では、スチールカメラは外注が多く、よく現場終わりでカメラマンからフィルムを受け取り、我々スタッフが現像を出しに行きました。

ここ最近はないのですが、少し前まで、たまに手伝いで現場に顔を出すこともあったのですが、色々な部分がデジタル環境に様変わりしており、少し寂しく思ったのを覚えています。

当時は撮影を終えたロール毎に、「ノーマル」や「プラスいくつ」などといった指定があったものですが、最近では現場に持ってきたノートPCでCDに焼いて終わりです。

制作側としては、便利になることで、余計な時間のロスが減るのは良いことですよね。
私が寂しさを感じたのは、単に昔の作業を懐かしむ気持ちからです。

当時、撮影が終わればフィルムの現像を出しに行くのは当たり前だと思っていました。
この先、映像制作に携わっていれば、ずっと続いていくものだと思っていました。
でも、私が映像制作の現場を離れてから、間もなくその作業は無くなったのでした。

今、私が仕事上、当たり前のようにやっている作業もいずれ不要になり、新しい何かにシフトしていくのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください