Hulaという名前を持つ少女と日本のDQNネーム

Hula from Hawaii

HULAの名前を持つ少女

「フラ・フロム・ハワイ」は少女の名として不適切(※リンク切れ)というNews。

ニュージーランドの家庭裁判所が、「タルラ・ダズ・ザ・フラ・フロム・ハワイ」という名前を付けられた少女(9歳)の改名を認め、子供に奇妙な名前を付ける両親を批判した。
ロブ・マーフィット裁判官は「裁判所はこの子供の命名に関する両親の極めて軽率な判断に対し、深い憂慮を覚える。子供を笑いものにし、不必要な社会的障害とハンディキャップを負わせるものだ」と両親を非難した。

名前が「フラ」なら、「サラ」っぽくて問題なさそうですが、その後にfrom Hawaii(フロム ハワイ)が入ると、さすがに引かれるかもですね。
母親がフラに傾倒していて、この名前になったのでしょうか?

過去の出生届で「フィッシュ・アンド・チップス」「イェイ・デトロイト」「キーナン・ゴット・ラッキー」「セックス・フルーツ」が却下されて、「ナンバー16・バス・シェルター」「バイオレンス」が受理されたという基準がよく分かりません。
裁判官のさじ加減一つなのでしょうか?

日本のDQNネーム

名前に関しては、海外に限りません。
一昔前には、悪魔くんなんて騒動もありました。

現在は、そこまで直接的ではないにしろ、DQNネームと呼ばれるのが数多く存在します。
リンク先のサイトのランキングでは、「幻の銀侍(まぼろしのぎんじ)」「爆走蛇亜(ばくそうじゃあ)」「振門体(ふるもんてぃ)」など、本当に実在するのかと首を捻りたくなるものもあります。

検索していくと、実際に名前を付けられてしまった子供が掲示板などに悲痛な叫びを書き込んでいるものもありました。
子供は自分の名前を決めることは出来ませんから、親にゆだねるしかできません。
人間の好みというか感性は様々ですから、一概に言い切れませんが、少なくとも名前が原因で子供がいじめられるような名前は避けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください