ハワイ法人設立改め、起業準備中 その1

ALOHAYOU Seal

会社設立と電子定款でコスト削減

前回のエントリで、ハワイ法人ではなく、普通に国内で起業することになりました。
類似商号などは調査済みでしたので、取り急ぎネットで、法人印を発注。彫る前に印影の確認ができるところを選ぶ。

前回でも述べましたが、定款を電子認証で済ませれば、印紙代の4万円が浮くということでチャレンジ。


電子定款の作成準備

電子定款に関して、色々調べましたが、普通に検索しても代行会社さんのサイトがでてくるばかり。

ようやく分かりやすそうなのが「電子定款作成の事前準備」 というサイト。

  1. 住民基本台帳カードと電子証明書の取得
  2. ICカードリーダの購入とドライバのインストール
  3. 必要なソフトウェアのインストールと設定

が必要だそうで、区役所へ住基カードを申請に行く。

住基カード手詰まり 普及率1.5% 使い道不足空回り(※リンク切れ)なんてNewsもあるけど、気にしない、気にしない。
私の区では、電子証明書を含めて発行に1,000円かかりました。

定款を作成するAdobe Acrobatは持ってるので、住基カードに使えるICカードリーダーを探します。
地域によって、対応している機種が違うそうなので、必ず購入前にチェックを。
公的個人認証サービス ポータルサイトで確認ができます。


私は、MacでもWindowsでも使えるNTT SCR3310を購入しました。
住基カード用のソフトは、区役所で貰えます。

新たに、名刺のデザインを考え中

さて、定款を内容を考えつつ、名刺のデザインを進めています。
以前のエントリで、名刺について触れていた際に、ある程度作り込んでいたのですが、ハワイ法人でなくなった為、現在作り直しています。

TSU-NAMI CARD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください