Daniel Hoのスラックキーギターで聴くChange The World

slack key guitar

ダニエル・ホーのスラック・キー・ギター

ハワイを連想させる楽器と言えば、ウクレレが一般的です。
ウクレレで思い浮かべるのは、高木ブーさんでしょうか?
個人的には、牧伸二さんの印象もかなり強いのですが…。

ウクレレの次に挙げられるのはスラックキーギターではないでしょうか。

独特の調弦で、通常のギターよりも優しく深みのある音色が特徴のスラックキーギターは、ギターの種類ではなく、奏法の一種であると、音楽楽器YAMAHAのサイト「演奏を楽しむ日」(※リンク切れ)で解説されています。
Slack(緩めた)Key(弦)のGuitarという意味だそうです。

Daniel Ho(ダニエルホー)は、スラックキーギターよりもウクレレ奏者としての評価が高いようですが、YouTubeに「Change The World(Eric Clapton)」のカバーをスラックキーギターで演奏している動画がありました。
Baby Faceとは違う、もちろんWynonna Juddとも違う、ゆる〜い雰囲気がたまらなく素敵です。

Daniel Ho “Change The World”

先日のエントリでは、仕事中のリラックスにCoffee(コーヒー)を挙げましたが、仕事場の状況さえ許せば、こういったゆるめの音楽を聴いてRelaxするのもいいですね。
唄が入ってると、仕事中に聴くのは躊躇しますが、スラックキーギターだとインスト系の曲も多いのでおすすめです。

「スラックキーギター」のジャンルを初めて聴くいう方には、オムニバス版が入っていきやすいかもしれません。
気を付けたいのは、コンピレーションアルバム同士で、かぶっている曲がいくつもあるので、購入前に曲のタイトルは要チェックです。(失敗しまくりの経験で得たアドバイスです…)

スラッキーギターの有名どころが網羅されているオムニバス・アルバム「Hawaiian Slack Key Guitar Masters Vol.1」はおすすめです。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください