Cyril PahinuiのLet It Beとウクレレで弾くビートルズ

Cyril Pahinui with Peter Moon, Jr. “Let It Be

スラックキーギターで聴くレットイットビー

Cyril Pahinui(シリル・パヒヌイ)のSlack key guitar(スラック・キー・ギター)で聴く、The Beatlesの名曲”Let It Be”です。
歌い方にもあるのでしょうが、ギターによって受ける印象は違ってきますね。

Ukulele Beatles Fun!では、ビートルズの楽曲をウクレレで簡単に弾けるように、コードだけでなく、タブ譜と歌詞を伴奏付きでリアルタイムに表示してくれます。

いきなり曲のテンポについていけるなら別ですが、練習する際は、予めコードの進行を書き出してからの方がよさそうです。

ウクレレ・ビートルズでは、日本の有名どころが普遍的な名曲をUkuleleで演奏しています。
残念ながら”Let It Be”は収録されていません。

ウクレレ・ビートルズ / オムニバス / CD ( Music )

ジェネオン エンタテインメント( 2006-09-27 )

定価:¥ 3,024 ( 中古価格 ¥ 489 より )


歌詞はsing365.comから。

[スポンサー広告]

コメント

  1. Taimane Gardnerのウクレレで聴くEleanor Rigby

    Taimane Gardner “Eleanor Rigby”

    タイマネ・ガードナーの”エリナー・リグビー”
    Taimane GardnerがUkuleleでビートルズの”Eleanor Rigby”を歌っています。
    サビ部分のリフがカッコ…

  2. IZのStarting All Over Againを日本語に和訳します

    Israel Kamakawiwo’ole “Starting All Over Again”

    スターティング・オール・オーバー・アゲインを翻訳する
    イズラエル・カマカヴィヴォオレの”Starting All Over Again”は、”Hawai’…

  3. Jake ShimabukuroとLes FreresによるLet It Be

    Jake Shimabukuro & Les Freres “Let It Be” ジェイクシマブクロとレフレールのレットイットビー テレビ番組「たけしの誰でもピカソ」からの音声のようです。 以前にJakeとYo-Yo Maによる“…