Cyril PahinuiのLet It Beとウクレレで弾くビートルズ

Cyril Pahinui with Peter Moon, Jr. “Let It Be

シリル・パヒヌイのレットイットビー

Cyril PahinuiのSlack key guitar(スラック・キー・ギター)で聴く、The Beatlesの名曲”Let It Be”です。
歌い方にもあるのでしょうが、ギターによって受ける印象は違ってきますね。

Ukulele Beatles Fun!では、ビートルズの楽曲をウクレレで簡単に弾けるように、コードだけでなく、タブ譜と歌詞を伴奏付きでリアルタイムに表示してくれます。

いきなり曲のテンポについていけるなら別ですが、練習する際は、予めコードの進行を書き出してからの方がよさそうです。

ウクレレ・ビートルズでは、日本の有名どころが普遍的な名曲をUkuleleで演奏しています。
残念ながら”Let It Be”は収録されていません。

3件のコメント

  1. ピンバック: alohayou.com Hawaiian Music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください