ハワイ州からミツバチの輸入を再開

ハワイからミツバチの輸入再開

ハワイからミツバチを輸入していたとは初耳でした。

ミツバチ輸入再開/米国ハワイ州豪は依然停止(※リンク切れ) 日本農業新聞

昨年4月から止まっていた米国ハワイ州から日本へのミツバチ輸出が、8月から再開できることになった。ハワイ州からの輸出は伝染病の関係で停止していたが、日米両国の衛生条件を改正し、州内でも病気が未発生の島に限って輸出できるようにした。ただ、主力のオーストラリアからは、まだ輸入できない。

日本は食の自給率が低いという話は聞きますが、蜂蜜を運んでくるミツバチも輸入に頼っているんですね。

米国のハワイ州から日本向けに輸出されるみつばちの家畜衛生条件(仮訳)

伝染病に指定されているバロア病の危険があり、輸入にストップがかかったとの事ですが、危険はなくなったのでしょうか。

みつばちを自宅で飼う方法?

ミツバチは、庭で飼うはじめてのみつばち—ホビー養蜂入門という本が出ているのを見てびっくりしました。

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門

著者/訳者:和田 依子 中村 純

出版社:山と溪谷社( 2008-06-27 )

定価:

単行本 ( 127 ページ )

ISBN-10 : 4635450082

ISBN-13 : 9784635450089



簡単にみつばちを飼えるものなのでしょうか?
調べてみると、蜜蜂を飼育する為の情報をまとめたサイトが多数ありますね。

ミツバチ飼育セットみたいな感じで巣箱も普通に通販で売っているんですね。

ミツバチ飼育4枚群入門キット

ミツバチ飼育4枚群入門キット
価格:55,000円(税込、送料込)

商品説明に「蜜蜂の巣4枚にみつばち約3万匹と女王蜂1匹がうごめいています」とリアルな説明があります。

自宅の庭などで飼う場合は、近隣に迷惑がかからないように注意が必要ですね。
フライドグリーントマトのビーチャーマーでも無い限り、刺される覚悟も必要そうですね。
※映画の中で、「蜂に好かれる女」の意味で「ビーチャーマー」とありましたが、bee charmerで蜂を魅了する人という意味の他に、charmerには魔法使いという意味があるようですね。

[スポンサー広告]

コメント

  1. Wiliwiliの花とハワイ島の熱帯植物園

    マウイ島の危機に瀕する植物
    maui magazineにあった記事「Saving the Wiliwili」
    wili.wiliは、ハワイにあるマメ科の木のことです。
    「Wiliwiliの花を守ろう」というタイトルで、マウイ島の植物をwasp…