MaunaluaのRadio HulaとPoi Dog Slackは同じ曲?

Bobby Moderow, Jr. “Radio Hula

http://jp.youtube.com/watch?v=7fIUXn2Eeas

マウナルアのスラック・キー・ギター “Poi Dog Slack”

以前の「Makanaマカナが歌う”Ku’u Lei Awapuhi”のライブ動画」でもちらりと触れた、Maunalua(マウナルア)のBobby Moderow,Jr.ですが、”Radio Hula”のライブ動画がありました。
一見、優男っぽい印象のBobby Moderow,Jr.ですが、後半はペースアップしつつ激しく早弾きしてます。
Maunalua公式サイト

“Radio Hula”は、 Slack Key Guitar(スラックキーギター)のコンピレーションアルバム「Hawaiian Slack Key Guitar Masters vol.2」にも入っています。
ハワイアンスタンダードというべき曲なのでしょうか、色々な人が演奏しているのを耳にします。

Hawaiian Slack Key Guitar Masters Collection 2 / Various Artists / CD ( Music )

Windham Hill Records( 1999-07-27 )

定価: ( 中古価格 ¥ 721 より )



このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

「Hawaiian Slack Key Guitar Masters vol.2」では、”ラジオフラ”は5曲目に収録されており、Amazonでは奏者がレッド・カアパナ,パット・バーグスン,ヴィクトル・クラウス,トム・ローディー,ジョーイ・ミスクリンとなってます。えらく大勢ですね。

[スポンサー広告]

以前に紹介したアルバム「アイランダー ハワイ・ミュージック・ライフ」の8曲目にも収録されており、こちらの奏者はMAUNALUAとなっています。
しかし、その曲名が”Poi Dog Slack”(ポイ・ドッグ・スラック)となっています。
同じ曲でタイトルが違うのは何故でしょうか?
“Radio Hula”はスタンダードナンバーで、MAUNALUAとしてオリジナルアレンジを加えたから、”Poi Dog Slack”としているのか、理由は分かりません。

どうりで、MAUNALUAのアルバムの中で、”Radio Hula”の曲名を探しても見つからないわけです。
“Poi Dog Slack”は、アルバム「マウナルア」に収録されていました。

Maunalua / Maunalua マウナルア / CD ( Music )

Koa Records( 2010-12-28 )

定価: ( 中古価格 ¥ 1,194 より )



このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

スラックキーギターとウクレレの”Radio Hula”

ポイとは、 タロイモのことですが、Poi Dogの意味については、ポイドッグというアパレルブランドのサイトで解説されていました。

最後にもう一つ、”Radio Hula”のスラックキーギター動画ですが、Bobby Moderow,Jrとはかけ離れたイカついお兄さんが無表情で「憮然」といった雰囲気でギターを弾いています。
隣でウクレレを弾いている人も無表情、しかしギターは上手いです。
ギターホールにマイクのコードらしきものがあるので、エレアコでなく普通のアコースティックギターなんでしょうか?
演奏が終わったら、一転して満面の笑みでシャカサイン。
怖そうなんだけど、グラサンを外すと意外に優しい顔をしてそうです。

Slack Key Suitar “Radio Hula-Kealoha Medley

http://jp.youtube.com/watch?v=FOCZL4UwteI
[スポンサー広告]

コメント

  1. スラックキーギターマスターズvol.2とPu’u anahuluの和訳

    Hawaiian Slack Key Guitar Masters vol.2
    前回の「アフターサーフ ハワイ」のエントリに続いてスラックキーギターのコンピレーションアルバムを取り上げます。
    さすがに有名どころを選曲してい…

  2. Radio HulaのSlack Key Guitar動画を集めました

    Ledward Kaapana “Radio Hula”

    ラジオ・フラのスラックキーギター映像
    以前にBobby Moderow, Jr.のスラックキー・ギター“Radio Hula”をご紹介しましたが、Ledward Kaapanaの”ラジオ・フラ…