波浪推進船の堀江謙一さん、ハワイから日本へ間もなくゴール

広告




Welcome back!

波浪推進船でハワイから日本へ、いよいよゴール目前

波まかせ航海の堀江さん、きょうにもゴール(読売新聞)

3月16日にハワイを出発して3ヶ月と半月ほどが経ちました。

当初は五月末ごろのゴールを見込んでいたそうです。

波や風が弱まったり、逆向きの海流などによって速度が落ち、予定よりも遅れたそうです。
それでも、波任せということを考えると、早く着いたという気がするのですがどうなんでしょう。

波浪推進船は、船酔いするのか?という疑問

ところで、動力を使わずに波だけの力ということは、マーメイド2号の船体の揺れは激しいのでしょうか?
子供の頃、乗り物酔い防止に、腕に巻くベルトをしていたのを覚えています。
「乗り物酔いしないツボを刺激する」とか、そういった内容だった気がします。

カテゴリ:



調べてみると、まだ売っているですね。
あれは本当に効果があったのでしょうか?

よく言われるように、小麦粉を捏ねたものを、薬と偽って飲ませても治るといった話がありますが、ある部分はおまじない的な要素もあるのだと思います。

仮にツボを刺激することで、確かな効果が得られるとしても、子供たちが自分でしっかりとツボの位置を刺激できるようにベルトが巻けるかというと難しい気もします。

私も遠足の頃、バスの中で巻いた記憶があります。
手首から指何本分、下の位置を抑えるように巻く、なんて説明書を必死で読みながらやってましたね。

ひとりぼっちの世界一周航海記

著者/訳者:堀江 謙一 西村 一広

出版社:理論社( 2005-08-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 5,430

単行本 ( 355 ページ )

ISBN-10 : 4652077645

ISBN-13 : 9784652077641


広告