Lasikレーシック(近視矯正)を受けて一年が経った、その後

Aloha Lasik

レーシック術後の経過報告

随分と昔になりますがレーシック体験後の続きです。

前回書いたのは去年の10月です。
経過を逐一レビューするなどと言っておきながら、まんま、ほったらかしでした。
苦しいのを承知で言い訳すると、手術を受けた事すら忘れてしまうくらい順調だったのでしょう。

幸い、経過も順調で、検診には月一回通い、術後半年が経ち、院長に「問題なし」と言われて検診は終了しました。

私の場合、術前検診の段階で、「円錐角膜」の可能性もあるという判断で、検査を数回にわけて行っていました。
円錐角膜であれば、レーシックは受けられないという判断でした。

もともと、レーシックを受けるかどうかも迷っていただけに、ショックでした。
眼の状態を整える薬をもらい、改めて検査をしてもらって、院長自ら「大丈夫」という判断を頂き、受けることにしました。

レーシック当日は、緊張を和らげる薬(安定剤でしょうか?)をもらいましたが、正直怖かったですね。
手術を受けるクリーンルームの入り口で、このまま帰ろうかと思いましたよ。

Surfing

レーシック施術後の感想

実際に施術している時間は10分ほどなんでしょうけど、えらく長く感じましたね。

視力の経過を報告しておくと、術後はぼやけつつも、すぐに見えました。

これまでが0.04とかなり悪かったので、「もうこんなに見えるのか」と驚くぐらいです。
ただ、術後1、2週間は安定していなかった記憶があります。
1ヶ月後の検診で、両目とも1.5が出てビックリです。
私が受けたEPIレーシックは、効果が現れるまで術後半年くらいかかると聞かされていたのです。
そして、2ヶ月しないうちに検診で両目2.0が出ていました。

私は仕事でパソコンを使用する機会が多いのですが、最初の1ヶ月間は極力控えるように意識していました。
2ヶ月目以降は、普通に使用していましたが、意識して休憩を挟んでました。

結局、半年ほど検診に通ったのですが、海に入ってもOKと言われたのは、4ヶ月目くらいだった気がします。
最後に受けた検診でも2.0を維持していましたが、今はさすがに2.0より落ちている気がします。
視力検査をしてないので、あくまで自己診断ですが、1.5くらいではないでしょうか。

現在では、夜中のドライブでもライトがぼやけたりはしません。
気になるのは、朝起きた時に窓から隣の家の壁の模様を見るのですが、晴天ではくっきり見えるのに対して、曇りの日は見え方が若干弱い気がします。

但し、視力矯正の効果や経過は個人差があるということを口酸っぱく言われたので、あくまで参考にしかなりません。
レーシックを受けることができる場所はたくさんありますが、スタッフの説明に少しでも不安を覚えるようなでは、受けない方が無難かもしれません。

私がレーシックを受けたのは、恵比寿にある神戸クリニックの広尾店です。
神戸クリニックには、Surfer’s Eyeという、サーファー向けのサイトもあり、海に入る機会が多いサーファーにとって、分かりやすく説明されています。

しかし、私が神戸クリニックで受けた理由は他にあるんです。
次回は、何で神戸クリニックで受けたのかをご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください