売れ行き好調なハワイの海洋深層水と横浜鶴見の湧き水

ALOHA WATER

ハワイの海洋深層水

アジアの需要増に応えるハワイの深海水(※リンク切れ)というニュースから。

ハワイアンウォーターというのは最近よく目にしますが、実際のところどのような効果があるのかは知りませんでした。
海洋深層水は血液に近いという話は聞いたことはあるのですが、海水をごくごくと飲めるものなんでしょうか?

Wikipediaを見てみると、飲料用として売られているものは、塩分を抜くなどして加工されているようですね(当たり前か…)。
リンク先の記事にあるように、深海水の量には限りがありそうですが、それだけに貴重なものなのでしょうか?通常にミネラルウォーターよりも高値で販売されています。

検索エンジンで「ハワイ 水」「ハワイ 深層水」などのキーワードで検索すると沢山ヒットします。
もちろんハワイ以外の深層水もあるようですが、イメージ的に良いのでしょうか?ハワイのMahaloといったブランドが多く見られます。

横浜鶴見のラーメン二郎近くの湧き水

横浜市鶴見区岸谷の国道一号線にある「ラーメン二郎」を少し横浜方面に進むと、よく路駐をして、歩道に佇む人がいます。
何をしているのかと思えば、湧き水を汲んでいるですね。
湧き水(※リンク切れ)や、湧水とラーメン二郎の意外な関係(※リンク切れ)で紹介されていますが、煮沸をすれば飲めるとのこと。
どうみても業務用っぽい軽トラックに、大量の焼酎ペットボトルを持ち込んで詰めている人もいますね。

以前に、友人とその光景を見て、あれを瓶詰めして天然水として売れないかしらと考えたことがあります。
商売の基本ですが、仕入れを減らして高く売ることで利益は増えます。
深層水は、水深200メートル以上の深海から海水を汲み上げるコストと、塩分を取り除く手間を考えると、値段が高いのは仕方ないのかなぁと思いますがどうなんでしょうか。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください