ビル・ゲイツのスピーチを読んで英語の勉強

Bill Gates

ビルゲイツのスピーチ

ALOHAYOUでは、スティーブ・ジョブズ氏のスピーチを何度か取り上げています。
Steve Jobsスティーブジョブズ氏のスピーチを観ながら人前で上手に話すイメトレ中
飯島夏樹「天国で君に逢えたら」を読んでスティーブ・ジョブズのスピーチを思い出す

アップルのライバルでもあるマイクロソフトのBill Gates(ビル・ゲイツ)のスピーチというのは、あまり馴染みがないのは私がMacユーザーだからでしょうか。

ビル・ゲイツのスピーチ「学校では教えてくれない人生に役立つ11のルール」(らばQ)では、和訳が紹介されていました。

大きく頷くける言葉もありましたので、英語の勉強を兼ねて転載させて頂きました。
※実際はゲイツ自身の言葉ではなく、彼が抜粋でチャールズ・J・サイクスの著書「Dumbing Down Our Kids」から引用されたものだそうです。

Bill Gates’ High School Speech on The Eleven Rules of Life

  1. Life  is not fair – get used to it.
    人生は公平ではない。それに慣れよ。
  2. The  world won’t care about your self-esteem. The world will expect you to accomplish something BEFORE you  feel good about yourself.
    世界は君の自尊心を気にかけてはくれない。君の気分に関係なく世界は君が仕事を終わらせることを期待している。
  3. You  will NOT make 40 thousand dollars a year right out of high school. You won’t be a vice president with car phone, until you earn  both.
    高校を出てすぐ6万ドルの年収を稼ぎはしない。携帯電話(当時は高かった)を持った副社長にもならない。自分で両方を稼ぎ出すまでは。
  4. If  you think your teacher is tough, wait till you get a boss. He doesn’t have tenure.
    先生が厳しすぎると思うなら、上司を持ってみろ。
  5. Flipping burgers is not beneath your dignity. Your grandparents had a different word for burger flipping they called it Opportunity.
    ハンバーガーを引っくり返すということは沽券(こけん)にかかわることではない。君たちの祖父母はハンバーガーを引っくり返すことを別の表現を使った。それはチャンスと呼ばれた。
  6. If  you mess up,it’s not your parents’ fault, so don’t whine about your mistakes, learn from them.
    君が失敗したらそれは両親のせいではない。文句を言わずに学べ。
  7. Before you were born, your parents weren’t as boring as they are now. They got that way from paying  your bills, cleaning your clothes and  listening to you talk about how cool  you are. So before you save the rain forest from the parasites of your parent’s generation, try delousing the closet in your own room.
    君らが生まれる前は、君らの両親は今のように退屈な人たちではなかった。そんな風になったのは、君らのために支払いをし、服を洗い、君らがどんなにいけてるか、という自慢を聞いているうちにそうなったのだ。親の時代から生存する寄生虫から森を守る前に、自分の洋服ダンスのダニ駆除から始めよう。
  8. Your  school may have done away with winners and losers, but life has not. In some schools they have  abolished failing grades and they’ll  give you as many times as you want to  get the right answer. This doesn’t bear the slightest resemblance to ANYTHING in real life.
    学校は勝者・敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校によっては君が落ちこぼれないようにしてくれたり、正しい答えが導き出せるまで、何度でも機会をくれる。実際の人生とは全く似ても似つかない。
  9. Life  is not divided into semesters. You don’t get summers off and very few employers are interested in helping you find yourself. Do that on your own  time.
    人生は学期ごとに分けられていない。夏休みは無いし、ほとんどの雇用主は君が自分を見出すことに興味を持たない。それは自分の時間にやれ。
  10. Television is NOT real life. In real life people actually have to leave the coffee shop and go to  jobs.
    テレビは本当の人生ではない。現実では、人は喫茶店にいつまでもいられるわけはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。
  11. Be  nice to nerds. Chances are you’ll end up working for one.
    オタクには親切にしよう。彼らの下で働く可能性が高い。

英文は、Bill Gates’ High School Speech on The Eleven Rules of Lifeより引用。

中でも1つめのLife  is not fair – get used to it.を見て、青木雄二が言っていた、「職業には貴賎はある」という言葉を思い出しました。
平等なスタートは求められないからこそ、少しでも早く自分の強みを見つけることが肝心です。

4つめのIf  you think your teacher is tough, wait till you get a boss. He doesn’t have tenure.
これも耳が痛い。
先生よりも、上司ははるかに厳しいのが常です。
それが嫌なら独立して社長になれ、という言葉をどこかで見かけましたが、起業後は上司ではなく、顧客や取引先の厳しい目に晒されるのを覚悟しなくてはなりません。

[tmkm-amazon]4791760468[/tmkm-amazon]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください