ハリソンフォードの身体を張った熱帯雨林保護とツバルについて

Harrison Ford: Lost There, Felt Here

ハリソン・フォードが胸毛で熱帯雨林保護をPR

俳優ハリソン・フォード、自身の胸毛「脱毛」で熱帯雨林保護を訴え(※リンク切れ)
何だかパッと見よく分からないニュースですが、上の動画をみれば分かりやすいですね。

伐採される熱帯雨林を胸毛に置き換え、文字通り身体を張りながら、森林などの自然環境保護を訴えています。

「熱帯雨林が伐採され焼かれると、膨大な量の炭酸ガスが大気中に放出される。それが天候を変え、悪影響を及ぼす。熱帯雨林で樹木が1本ずつ伐採されるたびに、はるかかなたの土地に暮らす人間に痛みが走ることになる」

躊躇なく脱毛シートを引っぺがす女性が淡々としていて笑えます。

Keep blue sea

海に沈みゆく国「ツバル」

www.○○○.tvというドメインのTuvalu(ツバル)という国があります。
ツバルは海抜が低く、海面が上昇すれば、国が沈むと言われており、温暖化による海面上昇の問題などを扱うニュース番組などではよく取り上げられています。

環境問題を扱う番組やニュースでは、「自然と共に生活をしているツバルは、先進国の環境破壊によって国が沈んでしまう」といった論調で取り上げられる事が多いツバルですが、海に沈むより先に(天国に一番近い島ツバルにて)を読むと、ツバルの意外な一面を知ることができます。

気になったことは、伝聞だけでなく自分の目で確かめてみることが大切ですね。
今すぐ行動を移せなくても、自分に出来る範囲で少しずつ。

Google Earthで地球温暖化に対する問題意識を啓発(※リンク切れ)では、自分の住む地球の温度を予測して知ることが可能です。
グーグルのブログGoogle LatLong: Climate change in our world(※リンク切れ)でも紹介されています。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください