中国のハワイ海南島に新空港を建設予定と、シャレにならないブラックなFlash

Hawaii Resort

中国のハワイ「海南島」

今年の8月に開幕を控えている北京オリンピックや、食品問題で何かと話題の中国。
「中国のハワイ」として売り出し中の海南島に新空港が3つ建設する予定があるとか。

「中国のハワイ」に新たに3空港を建設する計画 新華社(ロイター)

中国というと、料金的な面で期待してしまいますが、高級リゾートを目指しているということは、それほどお得感はないんでしょうか?
インフラが整備されていけば、料金もこなれていくのかもしれませんが、どうなんでしょう。

2008年3月現在、海南島のアクセスは成田空港からの直行便は無く、広州か上海での乗り換えが必要になるようです。
関東エリアの方は、羽田から関空に飛んで、関空から海口(海南島)へアクセスするのが便利なようです。

Beach Resort
中国のビーチリゾートつながりの話題です。
人が少ないビーチで海水浴というのは、少し味気ないですが、賑やかすぎるのも考え物です。

カオスな事になってる中国のビーチ(ぱるぷんてにゅーす)
夏の湘南や白浜なども相当なもんですが、流石にここまではないか。
キレイに整列しているビーチパラソルは、ある意味、壮観ですが、マスゲームというか、軍隊的なイメージを連想してしまいました。

さて、本当の軍隊が絡んだこんなニュースもありました。
ハワイから西は中国、東は米で? 中国軍幹部が提案(asahi.com)

「中国は65隻の潜水艦を保有しており、米軍が太平洋に展開する潜水艦の2.5倍近い」と中国の軍事力強化に懸念を表明。

ん〜、そんなに差があるとは、驚きです。

度が過ぎるブラックジョーク

最後に、最近一番のお気に入りな記事、飛行機の隣の人を恐怖のどん底に陥れる方法(らばQ)
素敵すぎるので、和訳部分を転載させて頂きました。

飛行機の中で、隣の人が凄い嫌なやつだった場合の対処方法

1.静かに落ち着いた様子でノートパソコンを取り出す

2.ノートパソコンを開く

3.起動する

4.隣の座席の嫌な野郎が、画面を見ているかをチェック

5.目を閉じて、頭を上に向け、じっとする

6.そして、[このLINKをクリック]する

誰が作ったんでしょう、こんなおバカFlash。
字は読めませんが、危険が危ないという意味は伝わります。
これを操作している人が中東チックな風貌なら言うことありませんね。
※らばQさんのエントリ内にも書いてありますが、本当にやったらえらい事になりそうです。
むしろ、そっちを想像した方が怖いかも。

[tmkm-amazon]4062758008[/tmkm-amazon]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください