FijiのChant Of The Islandsのマオリ語の歌詞

Fiji “Chant of The Islands

http://jp.youtube.com/watch?v=SWk4HldqOOU

フィジーのチャント・オブ・ジ・アイランド

Hawaiian Music Hall of FameのForum(※リンク切れ)では、Maori(マオリ語)の歌詞や英訳が紹介されていました。

Hall of Fame Forumでは、アーティスト名・曲名・曲の歴史などのジャンルに多数のスレッドがあります。
お気に入りの歌やアーティストで探してみると、意外な話題が見つかるかもしれません。
※スレッド内検索がないのが残念ですね。

ちなみにマオリ語のWikipediaにはこう解説されています。

マオリ語(Te Reo Māori)は、ニュージーランドに住んでいるマオリ族の言語で、ポリネシア諸語のひとつ。ニュージーランドの公用語の一つであり、小学校では必修とされる。

マオリ語辞書はMaori English Dictionary(※リンク切れ)が便利です。

[スポンサー広告]

“Chant Of The Islands” Lyrics

E papa waiari taku nei mahi
taku nei mahi he tuku roi mata

Chorus:
E aue ka mate au e hine hoki mai ra
E aue ka mate au e hine hoki mai ra

(Maku e)
Maku e kaute o hikoetanga
Maku e kaute o hikoetanga

(Chorus)

The chant of the island
The chant of the island
We’re goin’ to Africa

コーラスの「Alas I will die; oh girl, return to me」の部分が、フォーラムの英訳ではこう記されています。
「E aue ka mate au e hine hoki mai ra」重い歌詞なのかと思えば、前後はわりと普通ですね。

タイトルにあるChant(チャント)は、歌というより「詠唱」や「祈り」に近い神聖な雰囲気を持っていますから、詩に哲学的な印象がある気がします。

“Chant Of The Islands”は、アルバム「Born & Raised」に収録されています。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

ベスト盤「Best of Fiji」にも収められており、こちらには、以前ご紹介した”Ku’u Aloha“も入っています。

Best of Fiji / Fiji / CD ( Music )

Ricochet( 2003-11-11 )

定価: ( 中古価格 ¥ 4,500 より )


[スポンサー広告]

コメント

  1. Israel Kamakawiwo’oleのMargaritaを和訳します

    Israel Kamakawiwo’ole “Margarita”

    Bruddah IZのマルガリータ
    タイトルのMargaritaは、カクテルのマルガリータでしょうか。
    Wikipediaにカクテルレシピが載っていました。
    Margarita カクテル…