コンパクトカメラを(無理矢理)魚眼レンズにする方法とは?

Camera

コンデジをむりやり魚眼レンズにする方法

夏前にデジタル一眼の買い換えを考えていましたが、リコー、1,200万画素になった広角24mm対応デジカメ「GX200」を見て、コンデジも欲しくなりました。

さすがに両方は買えないのですが、デジカメWATCHの記事は、物欲を煽るのに長けています。

かと思えば、史上初!? 思い付きで生まれた「セミ魚眼付きコンパクトデジカメ」といったネタっぽい記事も楽しませてくれます。
勿体ないけど、改造後のレビューを見て、意外にちゃんと使えているのでビックリ。

記事内でも言及されていますが、運に頼る部分も大きそうなので、いくら型落ちのカメラがあっても、チャレンジするのは勇気がいりそうですね。

RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200

RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200

中古価格: ¥ 8,736 より

カテゴリ:Camera

発売日:2008-07-04



[スポンサー広告]

手ぶれを無くす6つの撮影方法

さて、コンパクトカメラならあまり気になりませんが、不慣れな女性の方が一眼レフを使うと、サイズや重さに慣れずブレてしまうことがありますね。
この間、友人にカメラを貸して撮影してもらった素材が、ことごとくピンぼけで、結局追撮をする事になりました。
そんな時、Gigazineで紹介されていた手ぶれを軽減させる6つの撮影方法は参考になるかもしれません。

このGigazineのエントリをみて、何か見覚えのあるイメージ画像だと思いきや、以前の新しいカメラのかたちと、ホクロを消すか消さないかで使用した画像と同じですね。
利用している写真素材サイトが同じと、テーマが一緒だとかぶりますよね。

デジタル一眼レフがわかる (Fist Book)

著者/訳者:豊田 堅二

出版社:技術評論社( 2008-07-11 )

定価:

単行本(ソフトカバー) ( 296 ページ )

ISBN-10 : 4774135267

ISBN-13 : 9784774135267


[スポンサー広告]