Preston GaleraのA Son’s Pleaと歌詞の和訳

広告




Preston Galera “A Son’s Plea

プレストンガレラのサンズプレアと日本語訳

オムニバスアルバム「Best of Fat Katz Vol 1」に収録されていますが、amazonやitunesにデータはありませんでした。

歌詞はhuapalaから。
作詞作曲は、E. Keali`i Blaisdell。ソースによれば、作者は子供時代の経験を元にこの曲を書いたそうです。
70年代から80年代にかけては、子供たちを虐待から護る法律がなく児童虐待が懸念されていました。
曲名のpleaは、嘆願、懇願、などの意味。

少しヘビーな歌詞の内容です。
ここ最近も心が痛くなる児童虐待のニュースがありましたね。

“A Son’s Plea” lyrics

On a clear sunny day
Sitting down was a boy beside the road
Crying his heart out to himself, saying, “I wish I were never born”
よく晴れた日
道端で腰掛ける少年
心の叫びが聞こえるようだ「僕なんて生まれてこなければよかったのに……」

So I asked this boy if he’s okay, and he told me what was wrong
How can a father hurt his only son
But all he said was,
“Oh God, what have I done to be the anger in your life,
I never asked to be in this world that you call life.
How, I wish my daddy would be a different man
Oh Lord, please lend me your hand”
So into my arms he cried out all his pain and suffering
Oh God, please give him your knowledge, your strength and understanding
思わず私は声をかけた。すると少年は、何が悪いのか話してくれた
何故、パパが一人息子を傷つけるの?
少年は話し始めた
「神様、僕があなたを怒らせるようなことをしましたか?
僕をこの世界に呼んでくれと頼んだこともありません
どうか、僕のパパを別の誰かと替えてください
神様、僕に力を貸してください」
私の腕の中で、少年は苦しい胸の内を明かしてくれた
あぁ神様、どうかこの少年に、あなたの知識と強さ、知力を与えてください

To help this poor boy understand what his father is putting him through
Has nothing, nothing to do with you
この哀れな少年に、父親の考えを理解することなどできない
何もない、どうすることもできないのだ