Jack JohnsonのHoles to Heavenと歌詞の和訳

Jack Johnson “Holes to Heaven

ジャックジョンソンのホールズトゥヘブン

Jack Johnsonが歌う”Holes to Heaven”の歌詞を日本語に訳します。
正直、よく分からない箇所が多々あって直訳ばかり。
詳しい人教えてください。

アルバム「On and On」に収録。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


このアルバムをiTunesでチェックする場合はこちらから itunes ※iTunesが起動します

以前のエントリで“Holes to Heaven”のAcoustic versionを紹介しているので、聴き比べてみるとおもしろいです。

[スポンサー広告]

“Holes To Heaven” Lyrics

じっとり湿った空気
腹が減ったってなもんじゃない
クルマが排気ガスをまき散らす

野放しの雄牛
大きい聖牛
子供は素足でクリケットをしてる

翌朝目覚めると、7時間のドライブ
Blaire港で足止めを喰らう
船が壊れて、子供たちはそれを眺めてる
少し疑問に思う
星が天へと続いていた頃

疑問はさらに膨らむ
星が天へと続いていた頃

当局は意外に扱いやすい
おだてて、
酒とタバコを飲ませれば

港に降り立てば
色々なミスに気を付けて
しっかりエンジンを回すんだ

翌朝目覚めると、太陽が右へ昇る
北へ、Blaire港へと向かう
船が壊れて、子供たちはそれを眺めてる
少し疑問に思う
星が天へと続いていた頃

疑問はさらに膨らむ
星が天へと続いていた頃

[スポンサー広告]