幸せハワイアンレシピでハワイ料理のバリエーションが広がります

広告




ハワイアンフード

幸せハワイアンレシピでつくるハワイアンフード

ハワイ料理のレシピ本です。
ロミロミサーモンのような簡単メニューから、レストランで見るけど作り方がよく分からないメニューまで紹介されています。
なぜかロコモコは載っていませんが、アボガド丼がやけに美味しそうでした。
また、料理だけでなく、デザートやドリンクまで紹介されています。
巻末には、ハワイの食材に関する豆知識などもあり。

書籍タイトルが「幸せハワイアンレシピ1」となっていますが、2は出ているのでしょうか?
作り方も分かりやく、材料などもあまり特殊なものはないので、気軽に試して作れそうです。
ただ、あえてわがままを言うなら、掲載されている料理の写真映りがあまり良くないのが難点か。

のぶちゃんの今すぐ食べたい!幸せハワイアンレシピ (OAK MOOK 187)

著者/訳者:鮫島 のぶ香

出版社:オークラ出版( 2008-02-18 )

定価:

単行本 ( 95 ページ )

ISBN-10 : 4775510908

ISBN-13 : 9784775510902


せっかくの料理を写真に撮るなら

以前、Jack Johnsonのバナナパンケーキのエントリでも書きましたが、料理の写真って大事ですよね。
せっかく美味しいのに、写真が残念なだけで、あまりチャレンジされていなレシピは、クックパッドにもたくさんあると思います。もちろんその逆で、「写真はプロ並みにキレイなんだけど味は今イチ……」では困るのですが。

以前にテレビで、売れっ子のフードコーディネーターを取材していましたが、今や食品関係の撮影に欠かせないものだそうです。
シズル感なんて言葉も、今や大抵の人がご存じだですよね。

良く見せる努力というのは大切ですが、ホクロを消すことで得られる効果とは?でも述べたように、演出と過剰なレタッチというのは使い分けが難しいところです。
ただ、ライティングやレンズ交換などの撮影テクニックは、商品である以上は必要な気がします。

【追記】
料理の写真を自動補正しておいしそうにしてくれる無料サービス「美味しく変換」が紹介されていました。
光量が足りなかったり、写真が上手く撮れなかった場合に便利ですね。
かんたんなリサイズの機能もついています。クックパッドで紹介する機会が多い方におすすめです。

なる本 フードコディネーター (なる本シリーズ)

著者/訳者:住川 啓子

出版社:週刊住宅新聞社( 2008-03-25 )

定価:

単行本 ( 186 ページ )

ISBN-10 : 4784803874

ISBN-13 : 9784784803873


広告